家庭用キャビテーションを太ももに使うとどうゆう効果を得られるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

顔や上半身は、スリムなのに、目線を下に落とすと「あれっ?足が太っ!」・・・。
なんて状態の女性って多いですよね。

腰周りから太ももにかけて、脂肪がびっしりとこびりつき、スタイルを大きく崩している方は、年齢問わず、意外とおおいものです。モデルのように、スラッと伸びた足にしたいのに、太ももについた脂肪を落とすことだけがどうしてもできない、という方は、ダイエットの仕方が間違っているのかもしれません。

太ももの脂肪って何でつくの?

太ももに脂肪がつくのは、大きく分けて3つの原因があります。
まず、一つ目がむくみです。

むくみとは、血液の流れが悪く、リンパ液や老廃物が下半身に蓄積することでむくみが発生します。女性は、男性に比べ、筋肉の量が少ないため、むくみが発生しやすい状況にあります。

特に立ち仕事、デスクワーク、冷え性、水分の取りすぎ、食生活が原因でむくみが起こりやすいといわれています。

次に、セルライトの蓄積が原因です。

セルライトとは、体内に蓄積されている脂肪に老廃物が絡みつき、さらに落としにくい状態に成長した脂肪の塊です。通常の脂肪よりも複雑な構造になっているため、一度蓄積したセルライトを落とすのは容易ではありません。

指で太ももをつまんだときに、皮膚の表面が凸凹になる方は、セルライトが蓄積されていると判断できます。最後に、筋力の低下が太ももに脂肪を蓄える原因です。

運動不足、姿勢の悪さ、年齢などあらゆる事が原因となり、筋力は衰えてきます。骨を支える太ももの筋肉が衰えると、身体はそれを脂肪でカバーしようと作用します。

ですから、太ももの脂肪を落とすためには、適度な運動で筋力アップを行う必要があります。

太ももの痩身には家庭用キャビテーションが効果的?

太ももに脂肪が蓄積し、太くなる原因は理解できましたか?これらの原因を徹底的に改善することこそが、モデルのようなすっきりと伸びる美脚を目指す方法です。

しかし、
・むくみ解消のためとはいえ、デスクワークや立ち仕事を辞めるわけにはいかない
・セルライトを解消したいけど高い費用を払ってのサロン通いは難しい
・運動はしたいけど時間がない、面倒くさい、運動は苦手

等の悩みを抱えている方も少なくありません。

ただ、それを一度に解決してくれるのが、現在多くの女性から圧倒的な支持を得ている家庭用キャビテーションです。

家庭用キャビテーションは、1日1部位10分の使用で、驚くほどのダイエット効果が得られます。全身に活用できるため、当然、気になる太ももにも利用可能です。

実際に太ももに使用した方の体験談を見てみると、1日わずか10分で、驚くほどの痩身効果を実感したという口コミが多数寄せられています。その理由は、3つの超音波による脂肪細胞の破壊と血液の流れを活発にすることで、むくみを解消します。

また、頑固でなかなか取り除くことができないと言われるセルライトにも超音波の振動は届くため、何層にも重なっているセルライトの塊を破壊し、老廃物として体外に排出します。

さらにすごいのは、家庭用キャビテーションとEMSの作用は、脂肪を破壊し、溶かすだけではありません。

身体に流れる電流は、筋肉を強制的に収縮させる効果に優れているため、筋トレと同じような効果を実感できます。つまり、家庭用キャビテーションは、これ1台で、ブヨブヨ太ももの原因となる

・むくみ解消
・セルライトの破壊
・筋力アップ

の3つを取り除くことができるというわけです。

即効性も高く、1日10分の使用で、早い人で2週間から1ヶ月ほどでマイナス3センチから7センチのサイズダウンに成功したかたも珍しくありません。太ももの脂肪を効率よく解消し、すっきりとしたモデルのような美脚を目指している方は、今すぐ家庭用キャビテーションのご利用をおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭用キャビテーション人気No.1はこれ!

家庭用キャビテーションの決定版!「キャビスパEX」はお風呂でも使える防水機能付き!EMS・キャビテーション・ラジオ波の3つの機能を同時に使うことができるので、忙しい主婦の方でも手軽にエステのような効果を受けることができます。

・エステに行きたいけど時間がない・・・
・お腹周りのぜい肉をなんとかしたい・・・
・太もものセルライトを消したい・・・
・二の腕のタプタプを引き締めたい・・・
・垂れ下がったバストを上向きにしたい・・・
・家庭用キャビテーションのおすすめが知りたい・・・

このような悩みをお持ちの方にキャビスパEXはおすすめです。

cavite

家庭用キャビテーションを体験してみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*