家庭用キャビテーションのセルキャビの効果はキャビスパと比較するとどう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今人気の家庭用キャビテーションのセルキャビと、キャビスパEXの効果を比較してみました。
自分にとって、その商品が適しているのか、判断してください。

セルキャビの機能について

セルキャビの機能は、キャビテーション、そしてEMSにRFラジオ波、フェイスモードです。
さらにコードレスの防水仕様なので、入浴中の使用も可能です。

フェイスモードは、キャビスパEXにない機能で、ダイエットしながらフェイスラインのシェイプ、美肌ケアができるのは、女性にとって嬉しい機能ですよね。
だだし、キャビスパEXにはこのフェイスモードは、やや曲者。

なぜなら、体の中でももっともデリケートな顔に使えると言うことは、つまり、威力が弱いと判断できます。
セルキャビは、安全性に優れてはいるものの、本来の機能であるキャビテーションやEMS、RFラジオ波のそれぞれの最大威力が弱く設定されているという疑問点です。

顔に安全に使用できるほどの超音波の微弱な力が、層の分厚い皮下脂肪や筋肉にどれだけ効果を与えられるか、と言う点がやや問題です。

キャビスパEXの機能について

キャビスパEXもセルキャビ同様、とても人気の家庭用キャビテーションです。
セルキャビほぼ同じキャビテーションとEMS、RFラジオ波を搭載しており、その効果は、口コミ評価でもお墨付きです。

色々なダイエットをしてもまったく痩せられなかったという方から評判で、頑固なセルライト除去にも驚きの効果が実感できます。
また新たに搭載されたバストモードは、セルキャビにはない機能で、バストの垂れ、広がり、サイズが小さいなどの悩みを抱える方に大変おススメです。

バストアップに効果がある大胸筋を効率よく鍛え、上向きの美しい形を作るだけでなく、微弱超音波によるホルモンの刺激によって、バストのサイズアップも夢ではありません。
その他、キャビスパEXはセルキャビにない、ダブル波EMSが魅力的です。

これは、周波数の異なる低周波と中周波の2つの超音波で、体の奥深くにあって、自分ではなかなか鍛えにくいと言われているインナーマッスルに効果的な刺激を与えます。
運動や筋トレが苦手な方には、最高の痩身機器といえます。

痩身機能の比較

では、次にセルキャビとキャビスパEXの痩身機器の違いを比較してみましょう。
まずセルキャビですが、1秒間に約33万回もの超音波による振動が体に良い刺激を与え、脂肪を溶かす、と説明されています。

一方、キャビスパEXは、1日にトータル30分程度、1部位約10分を目安に4週間使うことで、ウエストマイナス7センチが実現できる、と説明されています。
あなたならとちらを試してみたいですか。

セルキャビの「1秒に約33万回の振動」と言われても、それがどれだけの痩身効果があるのか、判断できる方は、そう多くはないと思います。
正直なんだか、ピンとこないですよね。

しかし、キャビスパEXの説明どおりに「1日に10分、約4週間頑張れば、マイナス7センチもウエストを小さくすることができる!」と、明確に将来の自分をイメージできますよね。
これなら、「よしっやってみるか」という気持ちになるはずです。

この結果から、あなたならどちらの家庭用キャビテーションを選びますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*