家庭用キャビテーションを授乳中に使用するのは控えるべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「家庭用キャビテーションは授乳中は使用を控えるべきなの?」という質問がとても多いようです。
なぜ、授乳中の使用は控えるべきなのか、考えて見ましょう。

授乳中のママの身体ってどんな感じ?

「授乳中だから辛いものは控える」「アルコールがおっぱいから出る」「コーヒーはダメ」・・・といわれるのは、授乳中にママが食べたものが、赤ちゃんが必要とする母乳に悪い影響を与えるからです。

また、女性ホルモンのバランスが、妊娠中から授乳中にかけて不安定な状態にあります。
そのため、授乳中のママの身体はとてもデリケートで些細な刺激にも敏感に反応します。

この時期のお母さんは、産後太りで「早くダイエットしなければ」と焦る方も多いようですが、それ以前に、お子様の成長に重要な良質な母乳を作ることに専念しなければなりません。

授乳中のママに家庭用キャビテーションを使うのはダメ?

授乳中のママが家庭用キャビテーションを使ってはいけない、という明確なものはありません。
なぜなら、キャビテーションは、医療分野でも使用されるものであることを考えると、必ずしも悪い影響を与えるとは考えにくいからです。

しかし、女性ホルモンの乱れによって、体質がとても不安定であることは事実です。
些細なことに敏感に反応するため、家庭用キャビテーションの使用がきっかけで、かぶれ、赤み、体調不良を引き起こす可能性がまったくないともいいきれません。

また、家庭用キャビテーションの出力によって、脂肪細胞が溶かされ、体外に排出する際、母乳の成分に何かしらの影響を与えることも。
授乳中のママの身体は、想像上にデリケートです。

痩せたいという焦る気持ちも理解できますが、ここで無理をするとママだけでなく、大切な赤ちゃんの体調面にも悪い影響を与えてしまいます。
この時期は、赤ちゃんのことを第一に考え、家庭用キャビテーションの使用をできるだけ控えるのが得策です。

授乳中以外にも妊娠中、産後、生理中などの使用は控えるようにしましょう。

家庭用キャビテーションを使用するタイミング

授乳期間が終わり、体調面が回復されてから使用するのがベストです。
ただ、授乳期間というのは、ママによって異なります。

母乳が出なくなるまでという方もいれば、お子様が1歳になるまで、いや2歳になるまで母乳だった、という方も。
ですから、家庭用キャビテーションを使用するタイミングは、人によって違います。

目安は、産後1年から1年半となりますが、不安な方は、産婦人科の担当医師に相談するようにしましょう。
家庭用キャビテーションは、育児で忙しくしているママには、最高の痩身機器で、1日わずか10分の利用で産後太りが解消できます。

防水仕様でコードレス、しかも片手で持てる軽量タイプなので、お子様をあやしながら気になる部位に利用できるのは嬉しいですよね。
隙間時間に有効活用でき、いつの間にかスレンダーな身体を取り戻せます。

さらに、血行促進、リンパの流れを解消する効果にも優れているので、産後の腰痛、肩コリ、股関節痛やむくみ解消にもおススメです。
ただし、前述したとおり、使用のタイミングには十分注意をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭用キャビテーション人気No.1はこれ!

家庭用キャビテーションの決定版!「キャビスパEX」はお風呂でも使える防水機能付き!EMS・キャビテーション・ラジオ波の3つの機能を同時に使うことができるので、忙しい主婦の方でも手軽にエステのような効果を受けることができます。

・エステに行きたいけど時間がない・・・
・お腹周りのぜい肉をなんとかしたい・・・
・太もものセルライトを消したい・・・
・二の腕のタプタプを引き締めたい・・・
・垂れ下がったバストを上向きにしたい・・・
・家庭用キャビテーションのおすすめが知りたい・・・

このような悩みをお持ちの方にキャビスパEXはおすすめです。

cavite

家庭用キャビテーションを体験してみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*