エステとスパの違い&代表的なメニューについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「スパ」と「エステ」どちらも美容関連でよく耳にするものですが、その違いって分かりますか?

どっちも同じでしょ?と、思っている方も多いはず。確かに、「スパ」も「エステ」も身体をケアするというところでは、「同じ」かもしれません。ただ、「スパ」と「エステ」は、同じようで全く違う概念を持つので、その違いをまとめてみました。

【スパとは】

急成長産業として注目されている「スパ」。ホテルや民宿、などあらゆる施設に完備され、多くの女性に人気を集めています。

ただ、良くする言葉だけど「一体何をするところ?」「どんな設備があるの?」「温泉?」と、思っている方も少なくありません。曖昧なイメージが先行している「スパ」ですが、一般社団法人 日本スパ協会によるスパとは「温泉・温泉地」、「温泉、鉱泉を利用した治療を提供する保養施設」、そして世界的にブームになっている「スパムーブメント」としての意味があるといいます。

今日の私たちの生活に非常に密接に関係してくるのが、三つ目の意味を持つスパムーブメントですが、その歴史はとても浅く、1991年にアメリカで誕生。現在のスパの新しい形として定着しています。

薬物に頼らない、身体本来が持つ力を最大限引き出す、自然回復や自然回帰という健康、医療の分野で活用されるようになり、現在では、高齢者の補完的医療としても注目されています。目には見えないエッセンスを含むスパは、「心・身体・気」の3つのバランスが整えてこそ健康である、事を目的に行われています。

ちなみに、スパを行う人を一般的には「セラピスト」といいます。現在、国内にあるスパの施術、メニュー内容をいくつかピックアップして紹介します。

・温泉・温泉施設内に設置されるスパの場合

薬草、漢方系のクリーム、オイル等を取り入れたマッサージ、足湯、トリートメントが実施。
ヘアマッサージからフットケア等全身の施術が手技でもって行われます。

・スポーツクラブ、ホテル等に設置されるスパの場合

アロマボディケア、ヘッドセラピーなどを専用のアロマ精油を取り入れて指圧によるマッサージを実施。
それにより、肩コリ、腰痛、筋肉疲労や冷え性の回復を促します。

さらに、ハンドテクニックによる足ツボマッサージやゲルマニウム温泉などを取り入れた温浴は、身体を芯から温めることで、むくみ、血行不良改善、脂肪燃焼効果の活性化によって、美肌、ダイエット効果を得ることが出来ます。

・国内外の高級リゾート地にあるスパの場合

海外では、各地域独特の手技、精油、生薬等を取り入れたスパが体験できますが、それ以上にスパを行う施術室の雰囲気が特徴的。
贅沢な香り漂う花びらを浮かべた温浴、体質、体調、悩みに合わせて調合された紅茶、リラクゼーションティーの提供、完全個室でオーダーメイドの施術が体験できるスパなど、最高級のスパが用意されています。

その他

・遠赤外線の効果で身体を芯から温めるホットストーン
・美肌、ダイエット効果が期待されるスチームサウナ
・スパ独自のクリームやジェルを活用したラップスクラブパック

等があります。一般的なスパと比べるとやや高めですが、効果は抜群で、心身ともにリラックスを求めている方の旅行にぴったりです。

【エステとは】

スパに比べるとやや身近に感じるのが、「エステ」。痩身やフェイシャル、脱毛、ブライダル、メンズにリラクゼーションなど、美の総合的なケアを扱う施設のことをいいます。

現在国内外に数多く存在するエステは、安価で学生など若い層が気軽に通えるところ、ゴッドハンドと呼ばれるエステティシャンの施術が受けられる高額なエステまで幅広く存在します。それぞれのエステによって、準備されているメニューに違いはありますが、ここでは、代表的なメニューを紹介します。

・脱毛

エステで重要なメニューといえば、脱毛です。
各エステによって、施術内容は異なり、電気、ワックス、レーザーが代表的な脱毛例です。

・痩身

続いて人気のメニューが痩身、ダイエットで、最近特に注目されているのが、キャビテーションによる痩身メニュー。
リバウンドの危険性がなく、たった1回の施術でも大きな変化が実感できるとして、人気を集めています。

・フェイシャル

ホワイトニング、ピーリング、アンチエイジング、リフトアップ、ニキビケア、小顔矯正などが期待されるフェイシャルは、専用の機器を使った施術から各エステ独自の美容液、化粧品等を活用したマッサージ、トリートメント、近年注目の中国の美容法かっさなどを取り入れたリフトアップなどが人気を集めています。

その他にも結婚式までに綺麗になりたい、痩せたいという方におススメのブライダルケア、薄毛、ハゲ、抜け毛などが気になる方にはヘッドスパ、ネイルケアなど全身のケアに利用できます。

ちなみに、エステをおこなう人を一般的に「エステティシャン」とよび、資格の有無はとにく問わないのが現状。そのため、店舗によって、エステティシャンの技術力に大きな差が生じるので、店舗選びはとても重要。

以上のように、スパとエステの違いを良く理解し、体質、目的などに合わせて施術を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭用キャビテーション人気No.1はこれ!

家庭用キャビテーションの決定版!「キャビスパEX」はお風呂でも使える防水機能付き!EMS・キャビテーション・ラジオ波の3つの機能を同時に使うことができるので、忙しい主婦の方でも手軽にエステのような効果を受けることができます。

・エステに行きたいけど時間がない・・・
・お腹周りのぜい肉をなんとかしたい・・・
・太もものセルライトを消したい・・・
・二の腕のタプタプを引き締めたい・・・
・垂れ下がったバストを上向きにしたい・・・
・家庭用キャビテーションのおすすめが知りたい・・・

このような悩みをお持ちの方にキャビスパEXはおすすめです。

cavite

家庭用キャビテーションを体験してみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*