ハイフ痩身のメリットとデメリット!リスクを知ることも大事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハイフ痩身のハイフとは、HIFU「High Intensity Focused Ultrasound」の略で、高密度焦点式超音波という意味です。もっと分かりやすく説明すると、小学生の頃に行ったあの理科の実験を思い出してください。

太陽の光を手元の虫眼鏡で一点に集め、「火を起こす」あれと同じ原理です。肌の表面そのものには、光エネルギーによるダメージを与えず、一定の部分にのみ、照射する、それがハイフです。

そのハイフを体に行うことで、一定の部分の脂肪やセルライトを柔らかくし、脂肪細胞を破壊したり、細胞の活性化を促すなどの作用を引き出す等の痩身効果を得るという方法です。ハイフは、ハイフ痩身だけでなく、肌細胞の機能が活発になるため、ハリやたるみを改善、毛穴の引き締め効果も期待できます。

ハイフ痩身のメリット

ハイフ痩身は、皮下脂肪など太る原因となる部分にのみ、エネルギーを集めることで、脂肪を分解し、痩せやすい体質を作ります。大きな特徴は、肌表面を一切傷つける心配が無いということです。

ダメージが少ない分、肌トラブルがなく、初めて痩身機器を取り入れたダイエットなどを経験する方でも、安心して施術が受けられると近年人気が高まっています。皮膚の下1,3センチ近く下に超音波をあてることが出来るため、セルライトによる凸凹とした状態も改善します。

超音波をあてた回数が多ければ多いほど、脂肪細胞を溶かす量が増えるため、その分かなりの減量効果を期待できるでしょう。ハイフ痩身は、体内に蓄積している脂肪細胞を破壊し、ドロドロの状態にし、その脂肪を約4週間から10週間かけて、体外に排出します。

つまり、早い人では、1ヶ月、もしくは3ヶ月以内では、確実に痩身効果が得られるということです。他のダイエット施術と違い、脂肪細胞の縮小、移動といった方法ではなく、破壊、という施術であるため、リバウンドの危険性もほとんどといっていいほどありません。

さらに、脂肪を取り除くための皮膚の切開、吸引のための穴をあける外科的な手術の必要性もないので、体に傷を少しでも作りたくない方にとっては、大変おススメです。

ハイフ痩身の副作用・デメリットとは

高い痩身効果が得られると話題のハイフ痩身ですが、いくつかのデメリットがあります。まず、一つ目が、脂肪の厚みが2.5センチ以上なければならないということです。

皮膚を傷つける心配のないハイフ痩身とは、超音波を1点に集中させ、そのエネルギーで脂肪細胞を破壊し、痩せる方法です。皮膚から1.3センチの部分を中心におよそ1センチ幅の脂肪層を破壊できますが、それよりも脂肪の層が少なすぎると、他の組織を傷つける心配があります。

そのため、ハイフ痩身を活用してダイエットをしたいと希望しても、脂肪層の状態によっては、施術を受けることができない場合があります。次に考えられるデメリットは、軽度の痛みと出血です。

ハイフ痩身とは、他の脂肪吸引などに比べると痛みはかなり軽減されているといわれていますが、それでもやはり痛みはあります。脂肪層の場所が深ければ深いほど、術後の痛み、出血のリスクは高くなるでしょう。

その他、ハイフ痩身に使用される機器は、各サロンによって異なります。そのため、設定されている料金にも違いがあります。

例えば、太もものセルライトを取り除き、すっきりとした美脚を目指すには、最低でも10000ショットくらいは必要となります。一般的なサロンの1000ショットの価格が1万円前後。

キャンペーン期間を利用したとしても、8000円から9000円ってところでしょうか。つまり、太もものハイフ痩身を利用すると、確実な美脚効果を目指すとなると10万円前後の予算が必要となります。

あくまでも予想額ではありますが・・・。

だからといって、あまりにも安すぎる価格設定のサロンによるハイフ痩身は、ショット数を増やしてもなかなか痩身効果が得られない、などのトラブルもありますので、価格だけで選ぶのは、大変危険です。

家庭用キャビテーションがおススメ

人気のハイフ痩身と同じくらい痩身効果が得られると大変注目の家庭用キャビテーションなら、安価で利用できます。しかも、自宅で自分の都合のよいときに利用できるだけでなく、他の人に残念な体を見られる心配もありません。

家庭用という名がついているものの、エステサロンで使用している機器なので、高い痩身効果が期待できます。安全性の面を考慮して、照射出力もおさえられているので、初めての方でも気軽に活用できるのが、人気の秘訣です。

ハイフ痩身でダイエットをしたいけど、価格面やサロンに通うという時間と手間を考えると、なかなか足が動かない、方に家庭用キャビテーションはおススメです。ハイフ痩身とは、どのようなダイエット方法で、どんなメリット、デメリットがあるのかを理解できましたか。

自分に一番適した痩身機器は、どれなのかをしっかりと検討し、安全かつ効果的なダイエットを行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭用キャビテーション人気No.1はこれ!

家庭用キャビテーションの決定版!「キャビスパEX」はお風呂でも使える防水機能付き!EMS・キャビテーション・ラジオ波の3つの機能を同時に使うことができるので、忙しい主婦の方でも手軽にエステのような効果を受けることができます。

・エステに行きたいけど時間がない・・・
・お腹周りのぜい肉をなんとかしたい・・・
・太もものセルライトを消したい・・・
・二の腕のタプタプを引き締めたい・・・
・垂れ下がったバストを上向きにしたい・・・
・家庭用キャビテーションのおすすめが知りたい・・・

このような悩みをお持ちの方にキャビスパEXはおすすめです。

cavite

家庭用キャビテーションを体験してみる

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さくら より:

    一年間、hifuの施術を週に一回受けていましたが、嘘みたいに全く効果がなかったのは何故でしょうか?
    ネットには 必ず痩せると どのサイトでも書いてありますし、美容外科の先生が書かれたブログを拝見してもhifuに関しては高評価でした。
    それなのに、私に効果がなかったのは、何が原因と考えられるでしょうか?

コメントを残す

*