インドエステと家庭用キャビテーションならどっちがおすすめか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、家庭用キャビテーションとインドエステならどっちがおすすめなのかを私なりの視点でまとめてみました!インドエステと家庭用キャビテーション、どっちを利用したらいいのか、迷っている方は、以下の情報を参考にしてください。

インドエステとは

マッサージを行うことで、身体を芯から温め、セルライトや銀、添加物などの排泄を促し、痩身、ダイエット、美肌効果を高めるための施術です。特に血行促進、デトックス効果が期待されるため、デスクワーク、立ち仕事による肩凝り、腰痛、頭痛、むくみや冷え性、などの回復に大変おススメです。

定期的に施術を受けることで、短期間でマイナス7センチも難しくないといわれています。すべてが手技によって行われるインドエステは、セルライトの除去、筋肉の緩和、リンパの流れを促進し、メリハリのあるボディラインをサポートします。

インドエステを利用した方の体験談では、施術後約7ヶ月から1年ほどで、ウエストマイナス4センチのサイズダウン、太ももマイナス3センチを実現。ちなみに7ヶ月から1年の通院で施術回数は、およそ12回。

個人差はありますが、ほとんどの方が、半年から1年ほどで、少なからず効果を実感しています。ただし、最低でも半年以上1年未満の継続的な通院が必要不可欠です。ちなみに、料金の目安ですが、1回の施術10分で5000円から1万円前後、基本的に20分からの施術となるのが一般的です。つまり、マイナス4センチを目指すには、10万から12万円ほどの料金が必要となります。

またインドエステは、手技がメインであるため、エステティシャンのスキルによって効果もバラバラ。高い技術力を持つエステティシャンを希望するとその分施術費用が高くなる可能性もあります。

家庭用キャビテーションとは

家庭用キャビテーションは、サロンやエステで利用されている痩身機器が家庭用として改良されたもので、効果は絶大。口コミや体験談でも多くの方が実証しており、1日10分、2週間に2回ほどの使用でウエストのマイナス7cmを実現した方も珍しくありません。

インドエステ同様、血行促進、リンパの流れを改善、脂肪燃焼効果を高め、頑固な脂肪やセルライトを柔らかく分解し、体外へ排出しやすい状態にします。さらに、ラジオ波、EMS、キャビテーションの3つの機能は、インナーマッスルを効果的に刺激するため、筋力アップによるボディの引き締め効果も得らます。

その結果、冷え性改善、むくみ改善、美肌効果、アンチエイジング、疲労回復、ダイエット、便秘解消などインドエステ以上の効果が期待されます。家庭用キャビテーションは、自宅で都合の良いタイミングで利用できるので、サロンに通うときと比べると無駄な時間は一切必要ありません。

またインドエステの施術代と比較しても、圧倒的な安価で利用できるのも人気の秘訣です。さらに、エステティシャンに見られる手技のばらつきももちろんありません。

搭載されている3つの機能は、それぞれの体質や部位に合わせて調整可能で、常に一定のエネルギー照射を行います。そのため、効果にバラつきはなく、確実かつスピーディーな痩身、引き締めを実現します。

家庭用キャビテーションの効果はそれだけではありません。インドエステでおよそ7ヶ月から1年で実現できるマイナス4センチのサイズダウンを早い人で2週間で実現。やり方次第では、半年ではマイナス7センチ以上のサイズダウンも難しくありません。

まとめ

以上のように、インドエステと家庭用キャビテーションには、大きな違いがあります。

効果、価格、口コミ、手軽さなどトータル的に考慮し、どちらを利用したほうがいいのか、自分にはどの方法が適しているのか良く考えてご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家庭用キャビテーション人気No.1はこれ!

家庭用キャビテーションの決定版!「キャビスパEX」はお風呂でも使える防水機能付き!EMS・キャビテーション・ラジオ波の3つの機能を同時に使うことができるので、忙しい主婦の方でも手軽にエステのような効果を受けることができます。

・エステに行きたいけど時間がない・・・
・お腹周りのぜい肉をなんとかしたい・・・
・太もものセルライトを消したい・・・
・二の腕のタプタプを引き締めたい・・・
・垂れ下がったバストを上向きにしたい・・・
・家庭用キャビテーションのおすすめが知りたい・・・

このような悩みをお持ちの方にキャビスパEXはおすすめです。

cavite

家庭用キャビテーションを体験してみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*